子供 青汁

子供に青汁を飲ませよう!

野菜嫌いの子供が喜んで飲む青汁の選び方

 

子供の好きな青汁

お宅のお子さん野菜嫌いではありませんか?
野菜が嫌いで中々食べてくれないから心配というママ。
お子さんに青汁を飲ませてあげて下さい。

 

青汁はビタミンやミネラル・食物繊維が豊富に含まれているので野菜が嫌いで栄養のバランスが偏っているお子さんにピッタリなのです。
おやつに青汁をゴクゴク飲んでくれれば野菜嫌いでもチョット安心ではありませんか?

 

注意して頂きたいことがあるのですが、青汁ならなんでもいいわけではありません。我が家でも経験があるのですが、青汁をあげても飲まないんです。理由はまずいから。

 

子供に青汁をあげようと考えた場合、子供の好みを考えて選ばないと飲んでくれません。
青汁って商品によって味がぜんぜん違うんです。美味しくて青汁頂戴となるくらいでないと続きませんから参考にして下さい。

 

 

そこで、子供が感じるであろう美味しい青汁の最低基準ですがケールが入っていないこと。
コレです。ケールって野菜の王様といわれるくらい栄養価が高いのですが、美味しくないのです。

 

大人でも美味しくなくて続かない方がいるくらいです。
(最近ではメーカーもケールが主原料でも美味しく飲める様に工夫をしていますが…。)

 

 

原料の安全性にもきを配りたいですよね。国内産の原料はもちろん、無農薬や加工工場の安全性、放射能汚染検査の実施などもチェックしてあげたいですね。

 

子供が青汁を飲んでも大丈夫?

 

粉末の青汁は野菜の絞り汁を乾燥させたものなのですが、どうしてもサプリメントの様なイメージが有り、子供にあげても大丈夫?と不安になります。

 

実際に青汁の1日の摂取量ですが、大体2〜3杯といわれています。が、これは成人の大人の場合の話。お子さんなら1日1杯がおすすめですね。

 

青汁はビタミンやミネラル、カルシュウムなど不足しがちな栄養素が摂れます。特に野菜嫌いのお子さんは栄養の補助として青汁をあげてみましょう。

 

ここで、青汁を子供にあげても大丈夫かしら?という方にできるだけ安全な青汁の選び方について紹介したいと思います。
まず、第一に、原料が国産であるか?農薬や化学肥料が使われて居ないか?これをチェックするのは非常に大切です。

 

中には中国産の原料を使っているメーカーもありますが、この場合、非常に厳重な管理体制で中国に全てを任せているわけではなくメーカーが管理しているという。中国産でも安心な原料を使用しているメーカーもあります。全て国産が良いわけではなく、問題点をクリアしている原料もあるという点も重視するといいと思います。

 

後、注意したい点がはちみつが入っている青汁があります。ハチミツ入りの青汁を選ぶ際、1才未満のお子さんに上げることはおすすめ出来ませんのでその点は注意してくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ